◆綺麗にしていても愛されない理由

2013年02月14日

キレイにしても愛されないのはなぜ?


男性が本当に女性に求める「要素」とは


img_319023_10928849_0




 




 「自分磨き」という言葉があります。確かに、メイクやファッション、あるいはマナーや言葉遣い等々…、女性には自分自身を高める要素がたくさんありますね。

 けれども、女性として綺麗になっても、自分を女性らしく演出しても、いっこうに愛されないと悩んでいらっしゃる方が多いのも事実です。

 では、なぜ外見や外に見える要素を磨いても、うまくいかないのでしょうか?

 それは、人が根本的に求めているのは、美術品を敬うような感情ではなく、「交流」にあるからです。どんなに美しい人形であったとしても、捧げる愛情が一方的であれば、やがて心の中では寂しさが募っていきます。

 例えば、人間誰しも完璧ではなく、話を聞いてほしい、自分を理解してほしい、優しく接してほしい…、そんなニーズ(欲求)があります。そしてそれが満たされないとき、人は相手に対して安心や愛着を感じにくくなってしまうんですね。

 どんなに美しく装っていたとしても、いつも「わがままを聞いて!」「私のことを理解して!」と一方的に思っていたり、「相手の面倒な話は聞きたくない」 「弱さを見せられるのはちょっと」という関係ならば、相手はあなたに対して安心して愛情を感じることができなくなり、その結果、別れにつながってしまうこ ともあるのです。

 そして、この愛着は、子供の頃に母親に対して抱く感情にとてもよく似ています。
よく男性の声として、「母性のある女性がいい」「癒やし系の女性がいい」というのは、この「安心感を持っていたい」という本能的なニーズを満たしてくれるからなのです。

 では、男性に安心感を抱いてもらえる上手な交流の仕方について、具体的に見ていきましょう。


◆相手に興味を持ち、相手の価値観や基準を知る

 条件や容姿、仕事の出来不出来、将来性、趣味など、外側に見えることだけで判断するのではなく、「相手がどのようなことを大切にしているのか」「相手が なぜそれを好きなのか」「そのとき何を感じているのか」など、相手の感情や価値観などに興味を持ってフォーカスしてみましょう。

 条件ではなく、相手の在り方にフォーカスすることで、相手はさらに「条件ではなく自分自身に興味を持ってくれているんだ」と感じて、心を開きやすくなり ます。相手そのものを知る、ということに意識を向けてみてください。といっても、相手のテリトリーにずかずか入り込んで、社会的な地位や収入など、相手の 条件ばかりを尋ねたり、相手が聞かれたくない話を掘り下げたりするのは良くありませんので、ご注意を。

◆相手の感情に共感し、否定しない

 たとえそれが苦しみや悲しみといったマイナスの感情であったとしても、感じている気持ちに正解や不正解はありません。

 だからこそ、何かを感じているとき、その状態を肯定してもらうと、人は「自分を否定されていない、受け入れてもらっている」という安心感を持つことができます。

 このとき、「でもね、本当は◎◎だよね」とか、「そう考えるのは男らしくない」など、アドバイスしたり、否定したりすると、相手は心を閉ざしてしまいます。男性にも弱さや苦しみはあります。寄り添ってもらいたいと思っている気持ちがあることを受け入れてあげましょう。

◆相手の求めていることを知るように心がける

 これは、相手が男性でも女性でも同じことですが、人はそれぞれ、思っていること、求めていることが違っています。

 いつも「相手が何を求めているのか」「相手が何をしてほしいと思っているのか」を尋ねたり、知る姿勢を持つことが必要です。

 例えば、相手が「本当は少し一人になりたいな」と思っているときに、無理矢理押しかけて何かをしたとしても、相手は喜ばないでしょう。自分の思っていることを押しつけるのではなく、相手に合わせた行動をとるようにしてみましょう。

◆喜びや楽しさを共有する

 嬉しい、楽しい、大好き、美味しいね、心地良いね・・・。こんなふうに、相手とプラスのコミュニケーションをとっていますか?

 男性は特に、女性に喜んでもらったり、自分がしたことで女性が心地よくなってくれると、まるでお給料をもらったかのように自分の価値を実感したり満足感を得ることができます。

 「わあ! 嬉しい!」「ありがとう! とっても助かったわ!」と、最初はぎこちなくても、演技でもいいですので、あなたのプラスの感情を十分に表現することを心がけてみてください。



◆自分の気持ちを素直に話し、安心を与える

 女性はどうしても、相手に対して「言わなくても分かってほしい」という気持ちが先行しがちですが、それでは苦しい関係になってしまいます。

 なぜなら、女性が持っている感受性ほど繊細な感性を男性は本質的に持っていないからです。そのため、女性が気づいてほしいことに気づかないことも多いの です。ですので、「分かってほしい」というように不満をぶつけるのではなく、あなたから相手に対して正直に表現してみましょう。

 「私は今、こんな気持ちなの」「私はこう思っているんだ」というように、常に相手が気づかないところを積極的に表現して伝えることで、男性は相手の女性を「分かってあげられる」と感じて安心することができます。

 心の機微を読むことが苦手な男性に対して、自分からオープンになってみてください。

◆感情をぶつけることなく、率直にしてほしいことを伝える

 女性は感受性が鋭く、感情が豊かなため、何かマイナスのことが起きたときに、どうしても感情そのものや不満を相手にぶつけがちです。

 けれども、普段から理性的に、論理的に物事を考えて、「問題を解決したい」と考えている男性にとっては、その感情を理解すること自体が難しい場合もあるのです。

 ですので、問題が起きたときや不満がある場合は、「本当はどうしてほしいのか」「本当はどうしたら問題が解決するのか」というあなたの希望を率直に伝えるようにしてみましょう。マイナスの感情は、押し殺す必要はありません。感じたままでいいのです。

 「今はこういう話をただ聞いてほしい」とか、「今は悲しいから抱きしめていてほしい」など、相手に対して本当に求めていることを伝えることで、男性も安心してあなたの欲求を満たす行動をとることができます。

 いかがでしたか?

 相手との違いを把握し、相手に対する理解を持った女性は、同じように理解され、大切にされます。「誰かのかけがえのない人になる」ためには、関係性にこうした「安心感」を生み出すことも必須なんですね。

 特に、結婚を意識した関係を求めている場合などは、一瞬の見た目で相手を決めるものではありません。大切なことはその後の人生でともに「生活していく」ということにあります。

 お互いにコミュニケーションをとりながら、「絆作り」を大切にしてくださいね。



◆安くていい化粧水☆
◆安くて良質な乳液・クリームを挙げて!
◆【髪色】男の8割は黒髪好きなのにどうして女は茶髪ばかりなの?
◆ブサ男の金持ち VS 大事にしてくれる貧乏男【Part1】
◆なぜか嫌われる人がしている言動




joshisokuho at 07:43│コメント(0)トラックバック(0)mixiチェック 恋愛 | 結婚
aaa

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
おススメBL漫画
最新コメント
ギャラリー
  • ◆2013春夏ファッション【PART3】
  • ◆2013春夏ファッション【PART2】
  • ◆2013春夏ファッション【PART1】
  • ◆片思いは告白しないほうがうまくいく
  • ◆彼氏が派遣やフリーターの人
  • ◆片思い中にありがちな行動
  • ◆プロおすすめの100円均一メイクグッズ【PART2】
  • ◆プロおすすめの100円均一メイクグッズ【PART1】
  • ◆脱ぐ?脱がされる?!でわかる心理の相性
  • ◆DQNあるある


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...