◆20―30歳代男性は“家事メン”傾向に?!

2013年02月17日

20―30歳代男性は“家事メン”傾向に?!


40歳以上の既婚男性は約半数が「家事に興味ない」



images





家事メンのタイプ分類

 


 パナソニックがまとめた調査結果によると、若い世代の既婚男性は6割以上が家事に興味を持ち、半数以上が積極的に家事に参加していることが分かった。

 

 

  20歳―30歳代の既婚男女各200人と40歳代以上の既婚男性100人を対象にアンケートを実施したところ、40歳代以上の既婚男性は55%が家事に「興味が無い」と答えたのに対し、20歳―30歳代の既婚男性は62%が「興味が有る」と回答した。

 


  家事に興味を持ったきっかけは、20歳―30歳代の男性では「ひとり暮らしの頃からの習慣で」と「夫婦で話し合って分担した」がともに33%で1位、こ れに「子供ができたから」(28%)が続いた。40歳代以上の既婚男性では「ひとり暮らしの頃からの習慣で」(32%)が最も多く、「夫婦で話し合って分 担した」(28%)、「テレビでの料理番組(家事をする男性)を見て」(13%)の順となった。

 


  20歳―30歳代の既婚男性に、自身が積極的に家事に参加していると思うか尋ねると、56%が「積極的」と答え、「積極的ではない」が20%、「どちら ともいえない」が24%だった。妻の立場から見ても、56%が夫は家事に積極的だと答えており、互いの認識にほとんど差は無かった。

 


  家事に積極的ではない男性にその理由を聞いたところ、「忙しくて時間がない」(27%)と並んで「手伝うと余計に文句を言われる」(27%)がトップだった。対する妻の見方は「もともと手伝う気がない」(61%)が群を抜いて多かった。

 


  パナソニックは今回の調査結果をもとに、家事に少しでも参加している男性を包括して「家事メン」と呼び、4つのタイプにまとめた。すなわち、家事に対す る意識が前向きで家事を楽しみながら積極的にこなしている「本格家事メン」(35%)、家事に対する意識は前向きだが家事への参加はきまぐれな「趣味家事 メン」(35%)、楽しんではいないが実態として多くの家事を担当している「やらされ家事メン」(14%)、家事参加頻度は平均より低くできればやらずに 済ませたいと消極的な「アンチ家事メン」(16%)に分類される。




★学生/フリーターの方限定!!時給6000円の仕事


◆最近世の中が異常だなと思うこと
◆【バレンタインデイ】チョコレートを語れ
◆器の小さい男を晒していく
◆サブカル男に受けるメイクを考える
◆【化粧】手っ取り早く美人になるメイク




joshisokuho at 20:59│コメント(0)トラックバック(0)mixiチェック 育児・家庭 
aaa

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
おススメBL漫画
最新コメント
ギャラリー
  • ◆2013春夏ファッション【PART3】
  • ◆2013春夏ファッション【PART2】
  • ◆2013春夏ファッション【PART1】
  • ◆片思いは告白しないほうがうまくいく
  • ◆彼氏が派遣やフリーターの人
  • ◆片思い中にありがちな行動
  • ◆プロおすすめの100円均一メイクグッズ【PART2】
  • ◆プロおすすめの100円均一メイクグッズ【PART1】
  • ◆脱ぐ?脱がされる?!でわかる心理の相性
  • ◆DQNあるある


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...